HOME      戦前競馬場写真集
 

                  

                                         江別競馬場  
                                                  北海道札幌郡江別町(現 江別市)


                     江別競馬場沿革
                       

                   明治18年   学校通りで直線距離500mの祭典競馬が行われた
                       明治23年   江別駅東方に1周500mの馬場を設け競馬開催
                       明治43年   町内飛鳥山に移転、1周600mの馬場を設け昭和2年まで競馬開催
                       昭和3年    地方競馬規則制定に対応した1000m馬場を備え、札幌産馬畜産組合が昭和8年まで開催
                       昭和9年     新競馬場建設し昭和13年まで開催
                       昭和14年   軍馬資源保護法制定により北海道は3か所(岩見沢、旭川、十勝(帯広))に限定され廃止



                                                    絵はがき

       
     
                                                                                      下掲「写真帖」のスタンドの写真
                                   

                           下掲の「写真帖」のスタンドの写真と比べると建物はほとんど変わらないが、写真のスタンド前の柵には
                           痛みが見られることから、この絵はがきの作成時期は写真より早く昭和3から10年頃の間と推定。
                           「札幌市外五郡畜産組合」と「札幌産馬畜産組合」の関係は断定はできないが、札幌産馬畜産組合は
                           競馬場施設を所有していなかったので、施設所有者と競馬場施設を借り受け競馬を開催する主催者
                           の関係であったと推定。



                                  昭和13年頃 帝国馬匹協会作成 「全国地方競馬場写真帖」

                            
                                       平面図 (走路1200m)
 

          
                       入場門                                             投票所  


          
                     スタンド                                             走路全景


                            
                                                      全景