HOME    (18)競馬場   戦前競馬場写真集   

                       

                                           仏生山競馬場 
                     
                    香川県香川郡仏生山町大字百相(もまい) (現 高松市)


                  仏生山競馬場沿革

                   昭和4年10月18日   (株)讃岐競馬倶楽部が設置した競馬場を香川県畜産組合連合会が賃借し初開催(3日間)、昭和13年まで開催
                   昭和14年         軍馬資源保護法公布により廃止

                  香川県(高松競馬場)での地方競馬主催者(昭和23年7月新競馬法公布後)
                                   ※ 高松競馬場:香川郡弦打村(昭和31.9.30 高松市に編入)、昭和21年12月地方競馬法公布とともに開設、
                                      昭和22年から地方競馬法の下で3回計16日間、開催されている。

                   香川県    昭和23〜28年度開催
                   高松市 (昭和23.11.10指定 戦災、震災) 昭和23〜28年度開催(27年度中断)
                   弦打村 (昭和27.2.4指定 競馬場存在) 昭和27〜29年度開催

                                                 

                                                         絵はがき

                                  

                                  
                                                                                               
                         競馬場所在地の「仏生山町大字百相」の「百相」という地名は現在、公式にはないようで場所を特定できません。
                         下掲の地図によると平池の東岸にあったようですが、現在の地図を見ると「百相ケ丘団地」や「百相」のついた
                         企業名のみられる高琴電鉄琴平線と平池との間の地域とは少し離れているようです。
                         「平池競馬場」という名は地元での通称だったのでしょう。



                                    昭和13年頃 帝国馬匹協会作成 「全国地方競馬場写真帖」

                                             
                                 
                                            
平面図 ( 走路 1000m)


               
                        
入場門                                             投票所


                
                        
スタンド                                                   走路


                                  
                                       
              全景