HOME    (18)競馬場   戦前競馬場写真集  

                     

                                川崎競馬場          戸塚競馬場
                             神奈川県川崎市大師河原字塩浜耕地      神奈川県鎌倉郡戸塚町吉田(現 横浜市戸塚区吉田町)
                             神奈川県川崎市川崎区富士見           神奈川県鎌倉郡戸塚町汲沢(現 横浜市戸塚区汲沢)        


                    神奈川県の競馬及び川崎競馬場、戸塚競馬場沿革

                     鎌倉時代(1192〜1333)  神奈川県では古く鎌倉時代から各地で祭典競馬が行われた。
                          文久元年(1861)        横浜在留英国人により横浜本村で初めて洋式競馬実施、根岸競馬の端となる。
                          大正12年9月          関東大震災対策として県下8か所に競馬場新設、開催
                          昭和2年8月           地方競馬規則公布により平塚、藤沢、小田原、大船の4か所に集約しようとしたが、
                                             県内2か所と制限されたことから白紙となり、新たな競馬場設置となる。
                                             開催時期規模など不明だが、上記4か所のほか花岳、国府、厚木、横須賀、秦野、
                                             松田、橋本でも競馬が行われたらしい。
                          昭和7年3月14日        川崎(大師)競馬場、川崎大師塩浜に新設、神奈川県畜産組合連合会主催で初開催、昭和13年まで開催、廃止 
                          昭和8年12月7日       鎌倉郡戸塚町吉田に戸塚競馬場(吉田)新設、神奈川県畜産組合連合会主催で初開催、昭和13年まで開催
                          昭和17年4月         戸塚競馬場、戸塚町汲沢に移転。軍馬資源保護法に基づき鍛錬馬競走実施
                          昭和21年4月          神奈川県畜産組合連合会が競馬開催
                          昭和21年11月20日     地方競馬法公布。 地方競馬法公布により、戸塚競馬場(汲沢)に集約
                          昭和23年7月13日      新競馬法公布。同年8月以降県営競馬など開催
                          昭和25年1月25日      川崎市川崎区富士見に川崎競馬場竣工、県営競馬など開催
                          昭和29年12月         昭和25年10月から休止していた戸塚競馬場(汲沢)廃止

      

                    神奈川県下(川崎競馬場、戸塚競馬場)の地方競馬主催者変遷(昭和23年7月新競馬法公布後)

                     神奈川県  昭和23年度〜平成11年度 単独開催、平成12.4.1神奈川県川崎競馬組合設立
                          川崎市   (昭和23.10.4指定、戦災、競馬場存在)
                                  昭和23年度〜平成11年度 単独開催、平成12.4.1神奈川県川崎競馬組合設立
 
                     横浜市  (昭和23.9.8指定、戦災) 昭和23〜42年度単独開催。指定期限切れ  
                     平塚市  (昭和23.12.31指定、戦災) 昭和23〜42年度単独開催。指定期限切れ 
                     神奈川県川崎競馬組合  (平成12.4.1設立、構成団体:神奈川県、川崎市) 平成12年度から開催



                                                         広告印

                    
               川崎郵便局   昭和25.8.16           横浜磯子郵便局  昭和25.8.14        横浜神奈川郵便局 日付 判読不能



                                                      広告はがき

               
     
                昭和58.11.1 発売                                             東京門司間 鉄道郵便印 昭和58.11.1
                           

                            

                                 神奈川県・川崎市・神奈川県川崎競馬組合  第1種定形封筒

                                   第1種定形郵便料金  25gまで       15円 (昭和41.7.1 〜 47.1.31)
                                                              20円 (昭和47.2.1 〜 51.1.24)
                                                              50円 (昭和51.1.25 〜 56.1.19)
                                                              60円 (昭和56.1.20 〜 平成1.3.31)
                                                               62円 (平成1.4.1 〜 6.1.23)
                                                               80円 (平成6.1.24 〜 26.3.31) 


                                            神奈川県

                          
                   川崎局 1971.1.6付消印  川崎局 日付不詳(昭和47〜51年)消印  川崎局 昭和48.10.3付消印
                                                          麻布局 昭和48.10.4付到着印

                                       
                               川崎局 昭和50.4.21付消印 麻布局 昭和50.4.22付到着印
                                              第1種定形外50gまで40円 速達料 70円


                                
               川崎局 昭和52.10.22付消印         川崎局 昭和54.7.10付消印        川崎局 昭和55.6.3付消印
                                             
                            
                          
                   川崎局 昭和52.1.19付消印      川崎局 昭和56.8.4付消印     川崎局 昭和56.7.25付消印
                       麻布局 昭和52.1.20付到着印                            麻布局 昭和56.7.25付到着印


                          
                  川崎局 平成元.4.24付消印      川崎局 平成1.7.5付消印       川崎局 平成6.1.12付消印
                                       麻布局 平成1.7.6付到着印       地全協接受印 平成6.1.13                        
                                                地全協接受印 平成1.7.6

                              
                            川崎局 平成6.1.27付消印             川崎中央局料金後納
                                                            地全協接受印 平成12.3.31(組合設立前日)



                                             川崎市

                         
               川崎局 1971.7.21付メータースタンプ   川崎局 昭和47.5.17付消印        川崎局 昭和47.10.23付消印     
               麻布局 昭和46.7.22付到着印                             麻布局 昭和47.10.24付到着印


                          
                 川崎局 昭和54.12.25付消印     川崎局 昭和56.12.21付消印        川崎中央局 平成58.11.5付消印
                                                                            地全協接受印 平成58.11.7


                               
                                川崎局 消印日付不詳                        川崎局 平成10.5.16付消印
                                                                        地全協接受印 平成10.5.18

                                            神奈川県川崎競馬組合

                                    
                           川崎中央局 平成16.11.5付消印            川崎中央局 平成19.2.19付消印



                                                             関係団体

                         
                      川崎局 昭和57.5.1付消印               川崎局 昭和57.5.6付消印           川崎局 平成1.5.22付消印
                      地全協接受印 昭和57.5.4               地全協接受印 昭和57.5.7           地全協接受印 平成1.5.23


                           
                      川崎局 昭和57.4.5付消印              平成12.4.7付消印                 川崎中央局 平成2.9.8付消印
                                                                                      地全協接受印 平成2.9.10




                                                   川崎競馬場
                                                  川崎市川崎区富士見


                                

                             
                                         (地方競馬全国協会昭和49年刊行の「地方競馬史」から複写 )


                                      
                                         (地方競馬全国協会平成13年刊行のパンフレットから複写)



                                                  川崎競馬場(京浜競馬倶楽部) 絵はがき

                      
                                                                                   (未収集)
                            

                  京浜競馬倶楽部川崎競馬場の競馬初開催は明治40年7月であったが、明治43年5月には東京競馬倶楽部として統合され、川崎競馬場での
                  競馬開催はわずか実質15日間だったという。奈良原式飛行機鳳号の川崎競馬場での飛行は明治45年4月であったので、すでに廃場となった
                  競馬場での飛行だったことになる。競馬場跡地は富士紡績工場となり、さらに戦後昭和25年、地方競馬開催の川崎競馬場が建設された。




                                                    戸塚競馬場 フレーム切手

                                                     戸塚区総合庁舎移転記念

                            (2013.3.1 日本郵便南関東支社 1000シート 販売価格 1200円  横浜市戸塚区内17郵便局で販売)
                                                                            
                               
                                                                  戸塚競馬場(戸塚町汲沢)での牛の品評会

                              牛の品評会の開催時期は不明だが、スタンドの形状から戸塚町吉田から汲沢へ移転後と推定。


                                                 戸塚競馬場(戸塚町吉田) 絵はがき

            

                                                             
                   

             
              下見所及び厩舎                投票所                             馬場工事中        正門



                                   
                                  昭和13年頃 帝国馬匹協会作成「全国地方競馬場写真帖」

                                               川崎大師競馬場(川崎市大師河原)

                                       
                                                  平面図 ( 走路 1200m)

                 
                               入場門                                       投票所


              
  
                          スタンド                                        走路


                                
                                               全景
      





                                   昭和13年頃 帝国馬匹協会作成「全国地方競馬場写真帖」
                                            戸塚競馬場(戸塚町吉田)

                                  

                                               平面図 ( 走路 1600m)


           
                              入場門                                              投票所


           
                             スタンド                                               走路


                                  
                                                        全景