HOME1.競馬切手の定義と発行数2.競馬切手よもやま話
                                            3.競馬切手 A競馬切手 B競馬切手 C〜F競馬切手 G競馬切手 H
                                           競馬切手T〜L競馬切手 M| 競馬切手 N〜R競馬切手 S競馬切手 T〜Z


                                     

                                                      1.競馬切手の定義と発行数

                                                   (1)競馬切手の定義


                                 1840年5月イギリスが初めて郵便切手を発行してから180年以上経過し、現在では毎年膨大な数の新切手が世界各国から
                                        発行されています。その膨大な数の切手に描かれている動物は何が一番多いか。
                                        それは人間です。圧倒的な大差で他の動物に差をつけています。そして第2位は馬だと思います。断定できないのは実際に
                                        数えたわけではないからです。しかしながら古来人間と一番かかわりの多かった動物、家畜として馬は切手の世界で馬車、耕作、
                                        軍馬、銅像、スポーツなどさまざまな形で登場しています。
                                        かってその数、1万種以上あるといわれましたが現在ではどのくらいあるか見当もつきません。その数多くの馬を描いた切手から、
                                        あるいは馬は描かれていない切手からも競馬切手を探します。
                                        私は次の定義のいずれかに該当するものを競馬切手としています。これはあくまで私の定義ですから定義次第で競馬切手の数は
                                        当然増減します。

                                                 (私の競馬切手の定義)
                                                  ア. 発行目的が競馬(図柄に関係なく)である切手
                                                  イ. 発行目的は競馬でなくても図柄が競馬である切手
                                                     (切手のタブや小型シートの切手以外の部分に競馬が描かれているものを含む。)
                                                  ウ. 競走馬名が明らかな馬の切手
                                                     (競走馬名の分からないサラブレッドなど競走馬、馬の切手は競馬切手とはしない。)
                                                  エ. 祭典競馬の切手
                                                     (賀茂競馬切手など。馬券発売のないものを競馬とすることにひっかかるところはありますが。)
                                                  オ. 上記ア〜エの切手に「加刷」された切手
                                                     (「みほん」加刷は入れない。)
                                                  カ. 上記ア〜オの小型シート、切手帳、無目打切手、プルーフ
                                                     (小型シートのみの発行のときは小型シートを構成する競馬切手個々を数え、小型シートは数えない。
                                                     小型シート以外に別に単片が発行されている場合は単片の数のほかに小型シートを1種加える。
                                                     無目打切手およびプルーフについては入手したもののみ数える。デラックスプルーフ、ダイプルーフ、
                                                     カラープルーフはそれぞれ別に数えるが、ダイプルーフ、カラープルーフの色違いは個々には数えない。
                                                     競馬切手として数えているプルーフは2018.4.24現在 20種。)
                                                  キ. ローカル切手、競馬の写真付き(フレーム)切手は競馬切手として数えない。 


                                                  (2)競馬切手国別発行数   2021.5.6現在 130カ国・地域 計 698種

                              
   
ABKHAZIA(3), AFGHANISTAN(5), AJIMAN(2), ANTIGUA & BARBUDA(4), ARGENTINA(4), ASCENSION(1), AUSTRALIA(62),
                                        AUSTRIA(13), BAHAMAS(2), BAHRAIN(10), BARBADOS(9), BELARUS(1), BERMUDA(1), BHUTAN (1), BOSNIA HERCEGOVINA SERBIA(1),
                                        BOTSWANA(1), BRAZIL(2), BR. INDIAN OCEAN TERRITORY(1), BR.VIRGIN IS.(2), BULGARIA(9),BURUNDI(1), CANADA(3),
                                        CAPEVERDE(1), CAYMAN IS.(1), CENTRALAFRICA(11), CHINA(7), CONG D.R.(1), CUBA(1), CZECHOSLOVAKIA(9),
                                        DENMARK(2), DOMINICA(6), ETHIOPIA(1), FALKLAND IS.(2), FINLAND(1), FRANCE(7), FRENCHPOLYNESIA(2),
                                        GABON(2), GAMBIA(1), GERMANY(26), GERMANYEAST(8), GIBRALTAR(2), GREATBRITAIN(12), GRENADA(1),
                                        GRENADAGRENADINE(2), GUATEMARA(1), GUINEA(1), GUINEA-BISSAU(1), GUYANA(3),
                                        HONGKONG(7), HONGKONGCHINA(8), HUNGARY(24), IRELAND(19), ISRAEL(1),  ITALY(5), JAMAICA(1) JAPAN(20), JERSEY(5),
                                        KAZAKHSTAN(3), KIRIBATI(1), KOREANORTH(4), LEBANON(1), LIBERIA(13), LIBYA(10), LITHUANIA(1),
                                        MACAO(1), MALAGASY(1), MALDIVES(10), MALI(9), MALTA(1), MAN.ISLEOF(7), MAURITIUS(7), MONGOLIA(14),
                                        MOZAMBIQUE(18) ,NETHERLANDANTILLES(1), NEWCALEDONIA(2), NEWZEALAND(25), NIGER(8), NORFOLK.IS.(3),
                                        PANAMA(7), PAPUA NEW GUINEA(1), PARAGUAY(1), PERU(1 競馬切手第1号1907年発行), PHILIPPINES(2),
                                        PITCAIRAN.IS.(1), POLAND(4), QATAR(2), REDONDA(3), ROMANIA(10), RWANDA(4), SAAR(1), SAMOA(1), 
                                        SANMARINO(9), SAUDI ARABIA(3), SENEGAL(9), SERBIA(1), SERBIA(KSOBO I METOHIJA)(1), 
                                        SERBIA(SRPSKAKRAJINA)(1), SEYCHELLES(1), SHARAJAH(1), SIERRALEONE(30), SLOVAKIA(1), SLOVENIA(2), 
                                        SOLOMON IS.(2), SOMALIA(6), SOUTHAFRICA(1), SOUTH GEORGIA & SOUTH SANDWICH IS(1), SPAIN(2), ST.HELENA(1),
                                        ST.KITTS(1), ST.LUCIA(1), ST.THOME EPRINCIPE(4), SWEDEN(5), SWIZERLAND(3), TAJIKISTAN(7), TANNU TUVA(2),
                                        TANZANIA(3), TOGO(28), TRISTAN DA CUNHA(1), TURKS & CAICOS(1), TUVALU(3), U.ARABEMIRATES(2), 
                                        UKRAINE(2), URUGUAY(1), U.S.A.(10), U.S.S.R.(8), UZBEKISTAN(5), VANUATU(6), VENEZUELA(1),
                                        YUGOSLAVIA(11), ZAMBIA(2),


                                                    以上私の競馬切手の定義による現在把握している発行数(国名のあとの括弧書きの数字)です。
                                                    詳細は「3.競馬切手」をご覧ください。
                                                    発行数は「698」としていますが、見逃している切手もあるかもしれません。また、無目打やプルーフの存在は把握が 難しく、
                                                    それらの存在の可能性も考えると「698」という数字は最低でもこれだけはあると考えていただければと思いますし、
                                                    一方エリザベス女王金婚記念の切手のように競馬切手とするのが妥当かあいまいな切手もあります。
                                                    また、プルーフを競馬切手として別に数えることにも問題(例 セネガルの競馬切手  掲載頁)はあります。
                                                    数は絶対的なものではないことをご承知下さい。


                                            


                                                             
郵便切手の定義、範囲

                                               
                                                   オーストラリア LOCAL POST       ニュージーランド民間業者発行の切手                                                                                     
 
                                         
                                                                ヤマト運輸「クロネコメール便」のシール

                                         競馬切手の定義を(1)に掲げていますが、その前に「切手」の定義を考える必要性を感じています。ニュージーランドでは1998年郵便事業の
                                         規制緩和が行われ新規参入があり、NEW ZEALAND POSTとともに郵便事業を行うようになりました。新規参入した業者の数は分かりませんが、
                                         独自に切手も発行しているようです。2009年には上段右の競馬切手を発行しています。下段はヤマト運輸「クロネコメール便」のシールです。
                                         「クロネコメール便」は平成9(1997)年に開始されました。メール便の建前は郵便法上の「信書」でない軽量荷物を運ぶ輸送サービスですが、
                                         シールに「この荷物は郵便物ではありません」と明記しなければならないほど実態はほとんど同じではないかと思われます。そこで問題なのは
                                         もし上掲のニュージーランドの民間業者発行の切手を郵便切手とするのなら、「クロネコメール便」のシールも切手ではないかということです。
                                         私はいずれにせよ、これらの切手、シールは競馬切手には入れていません。独断的ですが、U.P.U.(万国郵便連合)加盟が認められている者
                                         からの発行の切手を収集対象とします。ニュージーランドではNEW ZEALAND POSTのみU.P.U加盟が認められていますので、結論として、
                                         「ニュージーランド民間業者発行の切手」は、「クロネコメール便」のシール、配達料の領収書と同程度レベルのものとして参考品扱いとします。

                                         競馬を描いた民間業者の郵便切手はニュージーランドが最初かと思っていたら2005年のメルボルンカップ記念カバーに貼った切手があり
                                         ました。切手の発行時期は記念カバーの消印日付2005年11月1日かあるいはそれ以前に発行されていたのか不明。オーストラリアの
                                         LOCAL POSTの実態もわかりません。オーストラリアのこの切手もニュージーランドの切手と同じく参考品扱いとし、競馬切手には入れません。   


                                                   


                                            
                                           オーストリア 1946 「オーストリア大賞」 ハンガリー競馬150年 1977 FDC

                                                       オーストリア大賞の切手は馬の親子だけを描いた切手もありますが、競馬を目的に5種発行されましたので
                                                      全て競馬切手としています。 一方、ハンガリー競馬150年の切手( ハンガリー競馬史上最高の名馬 KINCEM
                                                      (1874〜1887) 英国、仏国など14カ国に遠征。54戦54勝。)の 右側の人物像のものは切手ではなく、ハンガリー
                                                      競馬の功労者セチエニー伯爵(1791〜1860)を描いたタブです。 ただし、私の競馬切手の定義では、この切手が
                                                      競馬でない場合であっても、この同じタブがついていたときには、このタブがあることを理由に競馬切手とします。
   


                                                   


                                                      
                                                                                     無目打

                                                               
                                                             デラックス プルーフ                 カラープルーフ

                                                       
                                                                                       ダイ プルーフ               

                                                   写真(左上端)はニジェールから1972.12.15に発行された競馬切手ですが、その右が無目打、中段がデラックスプルーフと
                                                   カラープルーフ、下段が色違いのダイプルーフ2枚です。この切手は競馬切手を狭義に考えて1種、小型シートがある場合は
                                                   小型シートを入れて2種とするのが通常かもしれません。私はさらに無目打、プルーフも別にカウントしています。 
                                                   ただし、無目打、プルーフの存在が分かっていても入手するまではカウントしません。
                                                   この無目打やプルーフの有無がなかなか分かりませんし、プルーフについてはデラックスプルーフ、ダイプルーフ、カラー
                                                   プルーフは別に数え、カラープルーフ、ダイプルーフには色違いがありますが何色あっても競馬切手としてはそれぞれ1種
                                                   プラスするだけにしています。従ってニジェールのこの切手についてはカーラープルーフは4種あるもの、ダイプルーフは
                                                   赤、黒2種を入手していますが、それぞれ1種プラスして競馬切手計5種としています。
                                                   プルーフは、あくまで参考品として掲載するにとどめ、競馬切手の数には入れない方が適切かもしれません。 
                                                   競馬切手として数えているプルーフは2018.4.24現在 20種。    


                                     


                                                  
                                            CENTRAL AFRICA 香港返還 1997              GUINEA BISSAU  印象派 クールべ絵画 2003

                                             
                                KOREA NORTH  ドガ誕生150年 1984              HONGKONG CHAINA 香港切手展2004 2004
                                      
                                               上の4種の小型シートは、いずれも切手は競馬に関係なく小型シート地に、競馬が描かれているものです。
                                               競馬切手の定義を狭く設定すれば、いずれも競馬切手から外れるものですが、私は競馬切手としています。



                                    


                                               相馬野馬追の「古式甲冑競馬」

                                                     


                                                 


                                              


                                   写真は福島県の「相馬野馬追」の切手2種、広告はがきと絵はがきです。切手に描かれているのは「神旗争奪戦」で、
                                           はがきは「古式甲冑競馬」を描いています。これが切手ならば当然競馬切手に加えるのですが、残念ながら切手は
                                           「神旗争奪戦」しかありません。「相馬野馬追」には「古式甲冑競馬」があるからといってこの2枚の切手を競馬切手と
                                           するわけにはまいりません。メーンイベントは「神旗争奪戦」でしょうが、「古式甲冑競馬」もそれに拮抗するものだと思います。
                                           是非「古式甲冑競馬」の切手を発行してほしいと思います。


 
                                    


                                                  英国王室関連 切手
                                    
                                         
                                ノーフオーク島 英国王室エリザベス皇太后85歳 1985  サモア エリザベス女王金婚 1997     
                                      スコット記載 「Ascot Races」           スコット記載 「Royal Ascot 1988」              

                                        
                                            ソロモン諸島 エリザベス女王金婚 1997             キリバス エリザベス女王金婚 1997 
                                              スコット記載 「at Royal Ascot」                  スコット記載 「in open carriage」               

                                 英国王室が馬車に乗られている光景を描いた切手の中にアスコット競馬場でのものがあります。これらについてスコットカタログの記載を見るとサモアとソロモン
                                 諸島のには「Ascot」とありますが、その他の国、地域の切手については「in open carriage」または「in carriage」とあるだけで場所については触れられていません。
                                 これまで、スコットに 「Ascot Races」とあるエリザベス皇太后85歳記念の切手とサモアとソロモン諸島そしてボツアナのエリザベス女王金婚記念の切手3種
                                 のみを競馬切手としてきましたが、20種の馬車に乗られた御夫妻の切手を並べてみると、統一された小型シートのデザイン、個々の切手の中の女王御夫妻の
                                 背景などからみても使われた写真はすべて「Royal Ascot」でのものである可能性が高いと判断し、残りの17種も競馬切手とすることにしました。             
                                                                  エリザベス女王金婚記念切手 小型シート


                                       
                                         マン島記念コイン発行記念カバー   1998.8.4            エリザベス女王と皇太后切手 1998.7.2      

                                                                
                                                               女王が開いておられる冊子の表紙タイトルを拡大

                                         上掲のカバーは記念コイン発行記念のカバーです。貼られているエリザベス女王と皇太后の切手は、いかにも競馬場での
                                         光景と言ってもよいように思えますが、スコットには場所が書いてありません。また、女王手持ちの冊子の表紙の文字を
                                         拡大してみました。上段の最後の単語は「Derby」ではないかと思いますがはっきりせず、競馬切手として扱うことができないで
                                         いましたが、マン島郵政の公式FDCに同封の説明書に「horse racing」とありました。晴れて競馬切手とすることができました。
      

                                   
                                                            マン島郵政の公式FDC同封の説明書

                                                                    FDCなど


                                                         


                                    
                                                          トーゴ 競馬 1974.8.3


                                                                   
                                           ケープ・ベルデ諸島 祭典競馬 1995.10.9      タンザニア スポーツ 1992.5.28


                                              

                                                  
                                                          ユーゴスラビア 馬 1998.2.26      

                                  トーゴの4種セットの切手には「course de chevaux」とあり、スコットにも「horse racing」と書いてあります。図柄からみると競馬切手とするのは
                                 どうかなと迷いもありましたが4種セットすべてを競馬切手としました。またケープベルデ諸島の祭典競馬もスコットに「horse race」とあります。
                                 逆に、タンザニアの切手は切手自体にもスコットにも「horse racing」と書いてありますが図柄がどう見ても「馬術」ということで競馬切手として
                                 いませんでしたが、発行国が「horse racing」としているのだから図柄に関係なく競馬切手とすべきかと考えが変わりました。(2017.10.5)
                                 一方、ユーゴの切手(右端)はスコットには「thoroughbred running on race track」とありますが、具体的な競馬場名がないこと、馬が頭絡、
                                 はみ等を装着していない裸馬であることから切手そのものは競馬切手としませんが、切手4種連刷の中央にある5種類のタブのうち、一番上の
                                 タブの図柄は「障害競馬」、一番したのタブは「馬上の騎手」が描かれています。このことから、タブを含むシート全体で競馬切手1種とします。
                                 競馬切手とするかどうか悩ましい切手については、スコットを根拠にしつつも、矛盾を感じながらその時々で歯切れの悪い判断をしています。


                                                


                                             競馬の写真付き切手・フレーム切手

                                         
                                               相良草競馬                  2004JRA賞記念
                                                                   (写真付き切手)
   

                                              競馬の写真付き及びフレーム切手も一応参考まで集めてはいますが、私は競馬切手としては扱っていません。
                                            この頁の「(3)ドガの名画切手」の小型シート地に競馬があるものとと同じでないかという意見もあるでしょうが、それを誰が作ったかで
                                            私は競馬切手であるかないかの区分けしています。 私が把握している競馬関係の写真付き及びフレーム切手は別掲のとおりです。
 
                                             日本の写真付き切手は平成15(2003)年4月19日全日本切手展の会場で試行的に実施されたのが始まりで同年6月2日からは
                                            一般受付開始、フレーム切手は平成18年9月1日から受付開始されました。
                                                 (平成20年9月1日から写真部分が従来のものより約3割大きいものの受付開始)
                                             写真付き切手はあらかじめ用意された切手に写真を添付するかたちのもので切手の部分の変更はできませんが、フレーム切手は
                                            切手そのものをフレームの中だけですが希望する写真などを入れ自由にデザインできるものです。最低1シート、切手10枚(作成費1200円)
                                            から作成可能ですから新婚夫婦、赤ちゃんなど私的なものから観光PR用などさまざまなテーマで作成されています。競馬フアンなら
                                            好みの馬や騎手の切手を作ることも可能です。 従って写真付き切手及びフレーム切手は私的に作られ販売されないもの、記念品など
                                            贈呈用に作られたものそして販売されているものがあります。
                                             ここでは私が入手あるいは作成されたことが分かっているものを紹介しますが、私的に少数作ることも可能ですから競馬の写真付き切手
                                            及びフレーム切手がどれだけあるかは見当もつきません。
                                             私は当面、写真付き切手及びフレーム切手は「競馬切手」には数えないこととします。 ただし、日本郵便(株)が写真付き切手、フレーム
                                            切手を一般の記念切手と同じ扱いをする場合には「競馬切手」とするつもりですがありえないことだと思っています。
                                             2007.4.13、当時の郵政公社東京支社から「東京競馬場グランドオープン記念」フレーム切手が西東京一円の郵便局で発売されました。
                                            郵政公社自ら制作発売する形をとったものの扱いはどうなのか、2007.10.1民営化されましたが従前のものも含めて会社の切手発行の
                                            種類を数える時これらをカウントするのか外すのか対応を見守る必要はあります。
                                                       (2003.4.1 日本郵政公社、  2007.10.1 郵便局(株)、郵便事業(株)、 2012.10.1 日本郵便(株) 発足)


                                                                           (フレーム切手)

                                                  ・   

                                                  日本郵政公社東京支社管内の郵便局で発売          「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画
                                                    「東京競馬場グランドオープン記念」             オリジナルフレーム切手 
                                                                                   2007(C)Meguy+OPEN GATE
                                                                                   無断転記及び掲載 お断り

                                                フレーム切手は1000シート以上の申し込みでシート上部のスペースにもオリジナルデザインを入れる ことができ、かつ切手10枚もそれぞれ
                                              違う写真などを使うことが可能です。(例 左 東京競馬場)1000シート未満の申込の場合はあらかじめ用意されたデザインの台紙を使い、
                                              切手も1種類と限定されています。(例 中央 ばんえい) 
                                                右のフレーム切手は平成20年9月から受付開始された切手が一回り大きいもの。


                                                               ガイアナの競馬切手と写真付き切手

                                                         
      
                                                      この切手はガイアナ1994年2月18日発行、「香港切手展1994」を記念したものです。
                                                     競馬の写真付き切手は日本での2003年に作成されたものが最初かと思っていましたが、このギニアの
                                                     写真付き切手がその前に存在していました。
                                                      この2種連刷の切手は私の競馬切手の定義に照らすと何とも言いようのないややこしい切手です。 
                                                     これを競馬切手とするかしないか迷いましたが、結論は競馬切手としました。 
                                                      競馬切手とした経緯は次のとおり。
                                                      香港のハッピーバレー競馬場の写真を付け、写真の中央に目打があるのですが、切手と写真の間には
                                                     点線があります。そして、左の切手には切手の中に香港1984年発行の香港ジョッキークラブ100年
                                                     記念切手が描かれ、右の切手にはガイアナ発行のオペラの切手が描かれており競馬はありません。
                                                     切手と写真の間の点線がなければ両方とも当然競馬切手ですが、点線の存在から左の切手は競馬の
                                                     写真付きの競馬切手、右のは競馬の写真付き切手となり、競馬切手ではないとなります。
                                                     にもかかわらず、右の切手も競馬切手とした理由はこの写真付き切手をだれが作成、発行したかです。
                                                     この切手がガイアナ郵政発行でスコットカタログにも掲載されているからです。ただ、スコットカタログは
                                                     写真の部分も含めて切手としていますが、私はそうではないと考えます。
                                                     これがたとえばハッピーバレー競馬場が経費を出して競馬場の写真を添付作成したものであれば競馬
                                                     切手とするのは左の切手だけで右の切手はしません。
                                                     そしてこれを競馬切手としたもう一つの理由は上掲の競馬に関係ない名画切手などの小型シート地に
                                                     競馬が描かれているものを競馬切手としていることとのかねあいもあります。
 

                                                                日本の郵趣の中の競馬 (9)写真付き切手・フレーム切手   


                                                   

                                                             1.競馬切手の定義と発行数2.競馬切手よもやま話
                                                       3.競馬切手 A競馬切手 B競馬切手 C〜F競馬切手 G競馬切手 H
                                                     競馬切手T〜L競馬切手 M| 競馬切手 N〜R競馬切手 S競馬切手 T〜Z