HOME           

           (1) 小型印(戦前) (2) 小型印(戦後)  (3) 紫色日付印 (4) 風景印(戦前) (5) 風景印(戦後) (6) 広告印 (7) メータースタンプ (8) 広告はがき 
                  (9) 写真付き・フレーム切手  (10) 絵入りはがき(官製)  (11) 絵入りはがき(官製以外)  (12) 競馬法25周年 (13)日本ダービー始まる
          (14) 第50回日本ダービー  (15) 第100回天皇賞  (16) 中央競馬50周年 (17)近代競馬150周年 (18)馬と文化:賀茂競馬  (19)趣味週間:賀茂競馬  (20)競馬場    

                                              
                     


                                         日本 の郵趣の中の競馬                                           

                                           (17) 近代競馬150周年記念切手関連
                                          平成24(2012)年10月2日発行

                    
                                上段 オルフエーブル、アパパネ、デイープインパクト、ステイルインラブ、ナリタブライアン
                                     下段 メジロラモーヌ、シンボリルドルフ、ミスターシービー、シンザン、セントライト



                              


           
                      FDC JPS版                                                 FDC 松屋版


           
                     FDC JPS版                                     特印 および ハト印(年活字に下線入り) 
                                                                      参照 特印など


                              
                                          FDC 鳴海版   特印など  横浜中央郵便局


          
                                              日本郵便作成パンフレット             裏面



                                     
                                              日本郵便作成パンフレット



               
                                                 記念切手ホルダー  JRA 製                  裏表紙


               
                                              記念切手ホルダー  馬事文化財団 製          裏表紙


               
                          記念切手ホルダー(台紙)                                      裏面 
                記念切手ホルダー(台紙)の作成者、配布場所、配布方法などについては不明ですが、JRA中央競馬会が関わっているのではと推定します。


                                    
                                        パソコンマウスパット 馬事文化財団 製

                       

                       

                       

                                     

                         個人的には「近代競馬150周年」記念切手はこれらの写真のようなものが発行されるのではと思っていた。
                         近代競馬150年の歴史を広く多くの人に知ってもらえるまたとない機会を競走馬10頭で逃してしまったと思う。