ホームページ作成日記 
  
                                                         <<2008年日記>>   <<2010年日記>>  <<2011年日記>> 

                                                  <<2012年日記>>  <<2013年日記>>  <<2014年日記>>  <<2015年日記>>  <<2016年日記>>                   

  


2017年12月7日(木)
絵はがき実逓:上海競馬場  
消印が明確でないが使用されてる切手、料金から昭和14年(1939)の実逓と推測。「郵便はかき」とありながら「郵政明信片」とあるのは手持ちの絵はがきにはない。こんなことから、手持ちの上海競馬場の絵はがきでは最古と推定。
掲載頁
 
       



2017年12月7日(木)
上諏訪温泉競馬:昭和10年 
馬券に切手を貼って小型印。
競馬の小型印を収集することは当時結構盛んだったようだが、馬券を使ってというのは珍しい。これを作られた方はどんな方だったのだろう。
競馬の郵趣品収集を始めてからもう50年を超えたが、切手はともかく、絵はがき、記念印などは多くの先輩がこだわりを持って残してくれたもの。それらを探し求め、集めている。これらを残してくれた先輩諸氏には感謝しかない。掲載頁 
 
       

2017年12月6日(水)
小型印:第15回シンザンフェスティバル 
今年も第32回が開催されたようだが、小型印が使われたかどうか不明。平成13年の第16回は同じデザインの小型印が使われたみたい。
掲載頁 小型印(戦後)
 
       

2017年11月27日(月)
岡崎競馬:昭和11年4月14日 
当初予定の初日4月12日が雨天のため14日となった。
掲載頁
 小型印
掲載頁 岡崎競馬場
  
       

2017年11月11日(土)
招待券送付実逓:昭和18年 日本競馬会春季競馬 
日本競馬会昭和18年春季競馬全国共通の招待券を送付したものだが東京競馬場と開催中止となった横浜競馬場にに掲載。
掲載頁
 東京競馬場
掲載頁 横浜競馬場
  
       


2017年11月9日(木)
絵はがき:開成山競馬場  
同じ写真を使った絵はがき2枚目。
開成山競馬場の絵はがきは同じ写真を使い何度も作成されたものが多い。因みに何枚掲載しているか数えてみたら130枚を超えていた。同じ写真によるのものを除いたら、実質何枚だろう。実数を確認しようという気持ちにならないのは後期高齢者の症状か。
掲載頁
 
       

2017年11月4日(土)
絵はがき:函館競馬場  函館郵便局運動会 
絵はがきには「函館競馬場」の文字はないが、スタンドの形態から推定。
掲載頁
 
       

2017年11月2日(木)
風景印:郡山郵便局 
開成山競馬場が描かれている郡山郵便局の風景印、初日印を入手。これでようやく競馬を描いた風景印の初日印を完集。
掲載頁 開成山競馬場

掲載頁 風景印(戦後)
 
       

2017年11月1日(水)
スペイン:ビーチ競馬 FDC
掲載頁
 
       

2017年10月28日(土)
ブルガリア:繋駕競走 FDC
掲載頁
 
       

2017年10月27日(金)
絵はがき実逓:函館競馬場 
昭和13年7月9日付の函館札幌間の鉄道印の実逓絵はがき。差出人は北海道旅行中で、文面によれば函館での観光は4時間ほどだったようなので、函館競馬場へ行ったかどうか。消印の日付の頃に函館競馬が開催されていれば行った可能性もあるのだが、手元に手掛かりとなる資料なし。
掲載頁
       

    


2017年10月26日(水)
絵はがき:新潟競馬場 
新潟競馬、昭和11年9月、新潟競馬開催告知絵はがき。
掲載頁
       

    絵はがき収納袋

2017年10月24日(火)
写真付き切手:ディープインパクト 
ディ―プインパクトの写真付き切手、皐月賞、ダービー、宝塚記念の使用済み3種。発行者、発行年月日など不明。ご存知の方、ご教示ください。
掲載頁


発行者、残り7枚のレース名などの情報を比留間様からいただきました。ありがとうございました。
         2017.10.28
       


2017年10月5日(木)
タンザニア:競馬切手 1種
この切手は「Horse racing」とあるのに、図柄が馬術なので、これまで競馬切手としては数えていませんでした。発行国が「競馬」としているのだから、それに従うべきかと思いなおしました。
掲載頁

掲載頁 競馬切手の定義 
競馬切手 668種
発行国   128
使用容量 
320 メガ/2ギガ
アクセス数 36234
   
 
       



2017年9月29日(金)
2009年日記の消滅
フランスのランブイエ競馬場の競馬切手入手を機会にFDCなどを別頁にまとめたら、間違って2009年の日記を消してしまった。古い日記をめったに見ることはないのだが、2007年以前の日記の消滅と同じミスを犯してしまった。
フランスFDCなど 掲載頁
 
       



2017年9月28日(木)
フランス:競馬切手 プルーフ 1種
競馬切手ランブイエ競馬場のプルーフ。プルーフを競馬切手として数えるのはひっかかるところあり、これまでプルーフを何種競馬切手としているか数えてみたらランブイエ競馬場を入れて19種。プルーフを除いた競馬切手は648種。
掲載頁
競馬切手 667種
発行国   128
使用容量 
320 メガ/2ギガ
アクセス数 36168
   
 
       



2017年9月25日(月)
ドミニカ:競馬切手 1種
ドミニカ 1983年発行のクラシックカーの切手7種の中の1種に競馬が描かれていた。発行から34年、見逃していた。見逃している競馬切手がほかにもある可能性大。
掲載頁
競馬切手 666種
発行国   128
使用容量 
319 メガ/2ギガ
アクセス数 36143
   
 
       



2017年9月22日(金)
絵はがき:モノレール大井競馬場前駅
現物を見たら「モノレール大井競馬場前駅」という文字もなくどうかなと思ったが、せっかくなので掲載。
掲載頁
 
       

2017年9月21日(木)
フランス:競馬切手 1種
フランス、パリの南西部にあるランブイエ競馬場の切手。小さな競馬場。ロンシャンなど有名な競馬場を差し置いて切手になる理由がわからない。
掲載頁
競馬切手 665種
発行国   128
使用容量 
319 メガ/2ギガ
アクセス数 36105
   
 
       



2017年9月19日(火)
絵はがき:福島競馬場 
入手したのは入場門と馬頭観世音だが、同じレイアウトでほかにスタンドなどのものがあるはず。
掲載頁
       


2017年9月18日(月)
第4回岡崎競馬大会記念:紫色日付印 
昭和7年9月23〜25日の第4回岡崎競馬大会記念の紫色日付印。初日印をようやく入手。
掲載頁
 
       

2017年9月8日(金)
柏競馬場:写真展
千葉県柏市にあった柏競馬場の写真展が同市花野井の旧吉田家住宅歴史公園で開催中。見てきた。
柏競馬の主催者は千葉県畜産組合連合会だったが、同競馬場の設置にあたっては地域の事業家、大地主でもあった吉田甚左衛門氏の主導にまかされたよう。掲載頁
 
       

2017年8月28日(月)
日本競馬会宮崎競馬:昭和12年秋季競馬招待状 
昭和12年宮崎競馬倶楽部から日本競馬会となっての最初の宮崎競馬昭和12年10月31日〜11月7日(6日間)の案内状。
宛名の石井徳久次氏は大馬主だったようで、ほかに中山(昭和11)、京都(昭和11)、小倉(昭和7)そして宮崎(昭和11)の同氏あて案内状を入手、掲載済み。ただ昭和12年日本競馬会設立後のものは、初めて。

掲載頁
    
   

2017年8月25日(金)
札幌競馬2017:開催告知絵はがき 
札幌競馬2017.7.29〜9.3の開催告知絵はがき
掲載頁
    
   

2017年8月23日(水)
英国:RACEHORSE LEGENDS FDC
FDC、何種類も作成されたよう。
2枚目。掲載頁
 
       

2017年8月23日(水)
英国:RACEHORSE LEGENDS 額装切手
英国海外郵趣代理部によると額装切手の前例があり、スコットもギボンズも掲載していないとのこと。
競馬切手1種減、参考掲載とします。掲載頁
競馬切手 664種
発行国   128
使用容量 
316 メガ/2ギガ
アクセス数 35867
   
 
       



2017年8月8日(火)
英国:RACEHORSE LEGENDS 
切手8種と小型シートの発行と思っていたが、現物を見たら小型シートではなく8種の切手を額装したものだった。
英国郵政の商品名は
「Framed Stamps」。
小型シートと同じ扱いをして競馬切手1種として数えてよいか疑問だが、スコットなどがどう扱うか様子を見ることとしたい。
掲載頁
 
       

2017年8月7日(月)
絵はがき:水沢東宮殿下行啓記念東競馬場 実逓 
水沢から函館への実逓だが、残念ながら切手がはがされており、消印判読不能。掲載頁
 
       


2017年8月2日(水)
絵はがき:旧中国 上海 引翔港競馬場 
軍事郵便、支那事変の絵はがき。
掲載頁
 
         部分拡大

2017年7月13日(木)
中国:写真付き切手 
中国武漢の写真付き切手。その中に1枚、競馬場があるのだが、どこにあるどんな競馬場なのか未確認。戦前は別にして、中国大陸に香港以外の場所に競馬場があるのか、インターネットで検索すると武漢にあるようだが、詳細はわかりません。ご存知の方ご教示ください。
掲載頁
 
       


2017年7月11日(火)
絵はがき:福島競馬場 馬見場 
スタンドを「馬見場」と表記。
掲載頁
 
       


2017年7月7日(金)
絵はがき:岡崎競馬第1回 昭和6.10.9〜11 
初日9日押印のもの掲載済みだが、今回開催最終日印のものを入手。この絵はがき何枚作成、押印され、そして何枚現存しているのだろうと思う。掲載頁
       

2017年6月30日(金)
絵はがき:函館(柏野)競馬場 実逓 
明治42年の実逓。絵はがきそのもには「函館競馬場」と明記されていない。消印と遠景のスタンドの形態から推定。掲載頁
 
       


2017年6月17日(土)
絵はがき:郷土の誇り 水沢 名所と史蹟 
水沢競馬場、駒形神社、水沢公園などの絵はがき10枚。競馬は1枚だけだが、航空写真の絵はがきにはどこかに競馬場があるのではと探したが残念ながらわからず。
掲載頁
 
       




2017年6月14日(水)
絵はがき:開成山競馬場 実逓 
教え子から恩師への同窓会についての連絡。残念ながら消印の日付「?.6.11」、年が不明。切手及び料金から大正3年から昭和11年の間。掲載頁
 
       


2017年6月12日(月)
絵はがき:余興競馬会 
「余興競馬会」とあるので入手したが、画像からだけでは「競馬」は確認できない。
掲載頁
 
       


2017年6月8日(木)
櫛型日付印:中山競馬場前郵便局 
中山競馬場前郵便局(昭和15年10月21日〜昭和45年5月31日)で使用された櫛型日付印。戦後昭和26年使用のものと比べると違っている。変更時期不明。
掲載頁
       


         

2017年5月31日(水)
絵はがき:大正7年(午年)年賀状 
大正7年(1918)、100年前の年賀状、当時すでに、このようなカラー印刷ができていたが、カラー写真の登場とその印刷はいつごろからだろう。
掲載頁
       


         

2017年5月16日(火)
フレーム切手:佐久ひとまち風景・望月草競馬 
2015年10月1日発売。
岡崎競馬のもそうだが、競馬を描いたフレーム切手がいつ、どこで発売されているかわからない。発売前に知ることはまず難しい。入手できたこと自体、偶然、幸運。
フレーム切手は、記念切手などの乱発とともに、切手収集という趣味を衰退、低迷させた一因と言えるのではと思うが、フレーム切手だから岡崎や望月草競馬が切手に登場できたと思うとちょっと複雑な心境。
掲載頁  フレーム切手
  
   

2017年5月10日(水)
フレーム切手:岡崎市制100周年・岡崎競馬場 
 掲載頁  フレーム切手
 掲載頁  岡崎競馬場 
   

2017年4月28日(金)
ダービー入場券に国営競馬第1回優駿競走小型印 
戦後の国営競馬第1回優駿競走(第16回日本ダービー)の入場券裏面に小型印押印。
当時の郵政省は「国営競馬第1回優駿競走」、農林省は「第16回日本ダービー」、この違い、どうしてだろう。
掲載頁
(競馬法25周年記念切手)

掲載頁(東京競馬場)
       



         

2017年4月17日(月)
イギリス:競馬切手 9種増   
イギリス、2017年4月6日発行。イギリス伝説の名馬8種、小型シート1種。
1979年にダービー200年の記念切手を発行しているイギリス、次の競馬切手は100年後2079年、ダービー300年かと思っていた。
郵便切手発祥の国も切手を乱発するようになったかと思うと、ちょっと複雑な気持。掲載頁
競馬切手 665種
発行国   128
使用容量 310メガ/2ギガ
アクセス数 34987
   
 



            

2017年4月12日(水)
府中新競馬場道しるべ:昭和8年 東京競馬倶楽部 
この絵はがきの尾形景造調教師による実逓は所有、掲載しているが、この未使用がヤフオクに出品された。未収なので応札したが、4人が競い、2,600円で断念。いつか入手する機会があることを期待しよう。
因みに尾形調教師の実逓もヤフオクで入手したものだが、無競争で落札価格はスタート値の500円だった。一点しかない実逓の方が高くなってもおかしくない。無競争で落札できたのは幸運だったのかも。
掲載頁
       
  

2017年4月5日(水)
絵はがき:青森競馬場(濱舘村) 
「地方競馬史」(地方競馬全国協会刊)に記述のない競馬場。この絵はがきには「青森競馬場(四)」とあるので他にスタンドなどのものが最低3枚存在していると思われる。現物を目にすることができるかどうかわからないが。
掲載頁
       


         

2017年1月3日(火)
モルディブ:競馬切手 1種増  繋駕競走 
モルディブ、2017年発行。「馬の輸送」小型シートの中の1種。
掲載頁
競馬切手 656種
発行国   128
使用容量 309メガ/2ギガ
アクセス数 34874
   
 

            

2017年3月29日(水)
絵はがき:開成山競馬場 
絵はがきのタイトルは「開成山公園春景」。桜並木道の向かって左は池、右が走路と推定。競馬場の絵はがきとするのはちょっと苦しいが明治39年5月の実逓であることから入手。
掲載頁
       
         

2017年3月25日(土)
絵はがき:佐賀県目達原競馬場 
同じ写真による絵はがき3枚目。これまで馬場柵もみられないことから目達原競馬場とは別個のものかと思っていたが「佐賀県認定」とあることから初期の同競馬場の絵はがきと推定。
掲載頁
       


         

2017年3月20日(月)
中央競馬50周年:シートケース等 
シートケースと境松郵便局風景印押印の絵はがきをオークションで落札したが配達トラブルで未着。残念だが、記録として掲載。
掲載頁
       
     

2017年3月19日(日)
昭和7年・競馬法実施10年記念中山競馬招待状 
大正12年制定の競馬法の10年記念競馬。同封のプログラムの競走種別に「呼馬」、「新呼馬」というのがある。戦後この呼称は廃止されたとのこと。
掲載頁
       
     

2017年3月13日(月)
フレーム切手:しながわ百景・大井競馬場 
品川区制70周年記念発行。
 掲載頁  フレーム切手
 掲載頁  大井競馬場 
   

2017年3月9日(木)
長野・篠ノ井指定大競馬場:絵はがき 
大正時代の草競馬の絵はがきと推定。公認地方競馬開催の記録も見当たらない。
       掲載頁
     

2017年3月4日(土)
盛岡・黄金競馬場:絵はがき 
軍人騎兵隊員の実逓絵はがき。残念ながら消印、到着印いずれも局名、日付不鮮明だが、消印の様式から明治時代のものと推定。
       掲載頁
   

2017年2月26日(日)
セルビア 馬のスポーツ FDC 
       

      掲載頁   

2017年2月8日(水)
日本切手・馬切手など処分 
身辺整理、日本の記念切手、初日カバー、競馬以外の馬切手など計170キロほど、段ボール箱12個分を東京:新宿切手センターに買い入れお願いした。切手収集の人気のない時代の今、いくらで買い入れてくれるか。
残った郵趣品は競馬のみとなった。
       

    上海競馬場 掲載頁   

2017年1月31日(火)
盛岡・黄金競馬場:絵はがき 
酒造メーカーのPRに使われた絵はがき。裏面に明治41年のスタンプ。
新築落成記念とあるが、競馬場の新築ではないよう?。
       掲載頁
   

2017年1月25日(水)
第31日本ダービー:パンフレット 
身辺整理していたら出てきた。表紙に馬、競馬の切手が使われている。この時の勝馬はシンザン。掲載することにしました。掲載頁
 
 
            

2017年1月24日(火)
ドイツ:ポスタースタンプ 
郵便切手ではありません。戦前、ヨーロッパ各国で、商品等の宣伝用シールとして作られ使われたようです。競馬はドイツのものしか見たことがありません。身辺整理していたら2点出てきたので参考掲載。掲載頁
 
       
     

2017年1月23日(月)
小型印:私製絵はがき 
ヤフーオークションで小型印押印の私製絵はがき3点(東京、三島、阪神)入手。同時に7点出品されていたが、強力なライバル出現で3点しか入手できなかった。元の収集家は競馬以外も集めておられたようだが、戦前、ネットオークションもない時代、よく集められたなと感心する。
掲載頁
 

     

2017年1月10日(火)
画像の差し替え 
切手などの画像は、以前はカメラで撮影していたが、撮影時の周りの明るさに影響され、ムラがありました。その点、プリンターのスキャナは周りの明るさは関係ないので安定しています。カメラ画像の方がいいなというのもありますが。
アメリカ、ケンタッキーダービー100年FDC等の頁をスキャナ使用画像に差し替えました。ほかの頁も差し替えるつもりですが、結構、手間もかかります。
のんびりやります。
競馬切手 655種
発行国   128
使用容量 303メガ/2ギガ
アクセス数 34246
   
 
       掲載頁
     

2017年1月5日(金)
 競馬切手 1種増  ロートレックの絵画  計 655種  
昨年末から今日までにドガ、マネ、ロートレックのそれぞれ競馬を描いた絵画の切手計12種を入手して一段落。
ロートレックについては関西在住の林様のアドバイスによるもの。ありがとうございました。
ほかの画家による競馬を描いた切手があるかもしれない。逆に描いた画家の名前がわからないのもあるが。
競馬切手 655種
発行国   128
使用容量 299メガ/2ギガ
アクセス数 34205
   
 

 中央アフリカ 2016発行
     ロートレック画
      掲載頁     
   

2017年1月3日(火)
競馬切手 1種増  ロートレックの絵画 
ロートレックの絵画の「競馬」切手、初めて入手。ロートレックの競馬の絵画がどれくらい存在するのか。今後多数、競馬切手が発行されたらドガやマネのように単独頁を用意したい。
競馬切手 654種
発行国   128
使用容量 297メガ/2ギガ
アクセス数 34184
   
 

 シエラレオネ 2015発行
    ロートレック画 
     At the races
      掲載頁
     

2017年1月1日(日)
寒中お見舞い申し上げます 
喪中につき、新年のご挨拶は失礼いたします。
今年、競馬切手がどれだけ増えるか楽しみですが、最近競馬伝統国からの発行はなく、切手乱発国のものばかりが目立ちます。複雑な心境です。

競馬切手 653種
発行国   128
使用容量 297メガ/2ギガ
アクセス数 34160
   
 

 モルディブ 2016発行
   ドガ画 At the races
      掲載頁
     ドガの絵画